byじゅあグランマ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
じゅあグランマ
Posted byじゅあグランマ
byじゅあグランマ
  • Comment:3

アムリの終末期

10日ぶりに雨の中、アムリと動物病院に出かけました。
アムリの左足内側に、ポチを数日前に見つけました。
先日見つけて細胞診した左わき腹にできた腫瘍は、要観察だったのですが・・・・・・
それよりも嫌な感じのポチでした。
院長先生は腫瘍科の専門医ですから、全て信頼しています。
院長先生は、左足内側の腫瘍は原発ではなくて、何処か他の臓器にあると言われて・・・・・・
エコー、CT検査を受け、原発部分を特定し細胞診を受けました。
部分麻酔も無く、よく耐えたと思います。
結果、やはり同じ腫瘍で腎臓の前副腎に、悪性腫瘍の組織細胞球種があると・・・・・
臓器に対してまだ影響はありません、もう少し年齢が若ければ手術で取り除ける状態です。
病後ですし、高年齢のアムリが全身麻酔をかける事も怖いです。
左足内側の腫瘍をアムリなら部分麻酔で取れると言われて、急遽手術を受けました。
綺麗に全部切除されましたが、原発はそのままの状態です。
病理に回して頂いて、週明けの結果を受けて治療方針が決まります。
飲み薬タイプの抗がん剤が効くようなので、緩和ケアーで使用する事にしました。
余命宣告は、半年です。

来月16歳、人様から見たら充分と思われると思います。
若くても辛いですし、長い年月一緒に過ごして来た分悲しくて辛いです。
2代目のかりんは、4歳での余命宣告半年で宣告どおり逝きました。
4代目のあんじゅが7歳で余命宣告300日と言われた時は、驚きで絶句でした。
あんじゅは300日の症例を越えて4年8ヶ月闘病しました。
3代目のアムリの余命宣告は、冷静にきちんと受け止めました。
それは先月のアムリの突然の急変で、覚悟と心の準備ができていたからだと思います。
どちらを経験してもやはり悲しいです。
かりん・あんじゅも、ママに抱っこされて最期のお別れができました。
アムリは、大好きなおねえちゃまに抱っこされてと思ってます。
それがアムリの希望だと思います。
お互いに涙があっても、ありがとうって思える最期を迎えたいと願ってます。
たくさんの思い出と、しあわせをアムリから頂きました。
もう少しだけアムリに寄り添って、日々穏やかに美味しく・楽しく過ごしたいと思います。
スポンサーサイト
じゅあグランマ
Posted byじゅあグランマ

Comments - 3

There are no comments yet.
まいま  

辛いですね。。
こちらまで・・悲しくなります。。
命ある限り・・笑顔で過ごせますように。。

お友達は・・骨肉腫で痛みが取れなくなったところで・・
安楽死を選びました。。
もうひとりのお友達もガンで安楽死でした。。
最愛の子達に長く苦しい日々は望みませんものね。。

どうぞ・・グランマ様もお体ご自愛くださいね。。




2015/06/27 (Sat) 21:55 | EDIT | REPLY |   
ガニママ  

凄く悲しいです…じゅあちゃんのグランマさんが、大変お辛い中、アムリちゃんの終末期を綴ってくださること、それをしっかり読ませていただくことで、私も初めてワンコの母ちゃんになったので、学ばせて頂きたいと思います。

でもね、アムリちゃん奇跡を起こしてくれるのでは?とも思っています。原村へ行かれる事、楽しみにしていると思うので…。今年の夏、お山を満喫してほしいなあって思っています。
4本足の子供を持つこと、愛おしいですが、見送ることを考えると、時々崩れそうになります。

辛いです…辛すぎます…。

2015/06/28 (Sun) 17:37 | EDIT | REPLY |   
ju グランマ  
ありがとうございます

まいまさま
コメントありがとうございます。
コメ返し、遅くなりました。

大丈夫です、最期までアムリを見守りたいと思います。

ガニママさま
コメントありがとうございます!
命有る限り、美味しく・楽しくですね。
アムリに貰った熱い想いを、今こそ返す時ですから(^^)v
寄り添って、最期まで見守ります。

2015/07/02 (Thu) 09:38 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。